建設業許可
許可要件や提出資料が複雑で、「申請に行く時間がない」「自分で申請ができるか不安」というお客様をサポートします。

建設業許可

建設業許可を取得するには様々な要件をクリアしなくてはなりません。
提出書類の数も多く、数年前まで遡って資料を集めることもよくあります。

 

お忙しいご依頼者様のために、許可取得までのお手続きを親切丁寧にサポートいたします!

 

ここで、建設業許可を取得する代表的なメリットをご紹介します。

 

 

①500万円以上の工事を受注することができる!

 

建設業許可がないと、500万円以上の工事を受注することができません。
許可を取得することで、工事代金の縛りがなくなり、大きな案件を請け負うことが可能となります。
この500万円という金額には、注文者から提供された材料費、そして消費税を含んだ金額となっています。

 

 

②社会的・経済的信用のある業者とみなされる!

 

許可を受ける際に、「不正に許可を取得していないか、過去に違反行為をしていないか、反社会的勢力と関係していないか・・・」などのチェックが入ります。
これらの条件に当てはまらずに建設業許可を取得しているということは、社会的信用のある業者とみなされるので、注文者は安心して工事を発注することができるのです。

 

また、経済的側面では、
①自己資本額が500万円以上
②500万円以上の資金を調達する能力を有している
③許可申請の直前過去5年間許可を受けて継続して建設業を営業した実績がある(一般建設業許可の場合)
のいずれかに該当している業者のみが許可を受けられることになっています。

 

 

建設業許可を取得しているということは、県または国から太鼓判を押されているのと同じことです。

 

個人事業主の親方様、中小企業の建設業者様など、「ウチは許可が取れるの?」と悩まれている方はぜひ一度ご相談くさだい!

 

建設業許可について多数記事を掲載中!こちらのブログもご覧ください!